某国からの呟き

仕事で日本の隣 某国で日々を送る私の呟きをお伝えします。某国空軍の情報や趣味の航空機についても 情報発信していきます。

<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 高速鉄道 ついにスピードをダウン | TOP |

2011.05.22 Sunday

高速鉄道・・続き

0
     私が 仕事である鉄道のメーカーさんに聞いた話である。某国では、日本とフランス、ドイツなどから技術を導入 日本の「はやて」は、カタログ上 実用運転速度280km/時であった、ところが組み立てて走らせたら 軽く350km/時出るではないの!!某国 鉄道部の人曰く「ここでは、営業スピード350km/時で行きたい!!!あわてた日本の技術者「車両はスピードが出ても ブレーキや高架線のコンクリートの耐久力などを考慮したら 300km/時のスピードは危険で 保障できない。「保障なんかいらないよ、こちらでは、より安全を配慮して300kmを目指したい」・・・もう後の祭りである。
     某国の鉄道部 国内的には350k→400kmとどんどんエスカレートして 「我が国の高速鉄道は、今や世界一である」と豪語するまでになってしまった。はっきり言えば 今でも扉やブレーキなどは、日本からの丸まるの輸入である。しかも 日本のブレーキは、時速320kmぐらいまでしか対応できず それ以上はドイツの技術になるらしい。
     以前バリバリ飛ばしていた鉄道部長が逮捕された後 あちこちで線路敷設工事の設計基準を満たしていない、材料が安いものを使っているなどの暴露話が飛び交った。そりゃ 部長だけで20億も溜め込むのだから リベート捻出するほうも相当工夫しなければ 金など作れない。部長がこれなら 下々の部下まで リベートを要求しただろうから あちこちにオカラ工事が行われている可能性が強い。やっと 頭が冷えてきて 鉄道部の新指導部も安全を配慮して 時速300km以下にするそうだ。
    事故が起きてからでは 取り返しがつかないからね。まずまず でしょう・・

    23:08 | - | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

    コメント

    あなたの適正年収はいくら?あなたが本来受け取るべき年収をこの適正年収診断でチェックしてみましょう!あなたは今の年収で満足ですか?
    2011/07/16 11:38 AM by 適正年収

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top